当サイト「病気症状百科」では、症状から可能性のある病気やその検査項目をご紹介し、軽い病気から重い病気まで、その原因や予後をご説明しています。日頃から自分自身の身体の状態を意識して、症状などから病気への関心を持つことは重要です。当サイトが皆様の日々の健康維持に役立てば幸いです。

【腹部膨満感】
病気症状百科 トップ 腹部・胃腸の症状 腹部膨満感

腹部膨満感とは?

腹部膨満感はお腹が膨れる感じのことで、日常生活でもよく起こる現象です。
お腹が膨れに伴う症状には嘔吐、腹痛、便秘、ガスがたまるといったことが多いです。
そこで、腹部膨満感(お腹のふくれ)から考えられる病気について紹介します。

便秘を伴う腹部膨満感から考えれられる病気

慢性便秘症、巨大結腸症、大腸がんなど。

慢性便秘症の症状には腹部膨満感、腹痛、吐き気などのような症状があります。この症状は排便によって症状が改善することが多いです。
なお、便秘が続くと、かたい便で肛門が傷ついて出血することがありますし、腸の閉塞や潰瘍などが起こることがあります。

巨大結腸症とは結腸が以上に拡張する病気で、後天性の場合は巨大結腸症といいますが、先天性の場合はシュスプルング病ともいいます。主な症状には強い便秘と腹部膨満感です。

大腸がんの早期では肛門からの出血がおもな症状で、進行がんの場合は肛門からの出血より貧血、動悸、息切れ、便が細くなるといった症状がみられます。増加傾向の病気です。

ガスがたまる場合の腹部膨満感か考えられる病気

空気嚥下症、胆石症、慢性膵炎、慢性肝炎、肝硬変、胃・十二指腸潰瘍など。

空気嚥下症とは食事中以外にも無意識に空気を嚥下して胃や腸に空気がたまる状態のことで、早食い、口呼吸、唾液を常に飲むといった癖を持つ人にみられます。心配のない症状ですが、胸焼けやげっぷをがみられます。

胆石症では突然起こる右上部分の激しい腹痛や発熱で、たまに黄疸が見られる場合があります。胆石症と食事の関係は深く、脂肪分の多い食事をする人が胆石症になりやすいです。

慢性膵炎では、みぞおち、上腹部の痛みがの痛みが続きます。慢性膵炎の約半数がアルコールによるもので、その傾向は男性の方が多いです。

肝硬変の症状には疲労感、無気力、食欲不振、アルコールに弱くなる、手のひらの赤み、皮膚の黒ずみ、出血、貧血、黄疸、腹水などがあります。肝細胞の壊死と再生を繰り返すことで硬い繊維性隔壁が作られ、繊維性隔壁が肝細胞を取り囲んだ状態を肝硬変といいます

十二指腸潰瘍は患部の粘膜や筋肉がえぐられて傷つく状態です。十二指腸潰瘍の症状には無症状の場合もありますが、みぞおち付近の痛み、特に空腹時の痛みが多いです。

女性の場合に考えられる腹部膨満感の病気

子宮筋腫、膀胱炎、卵巣膿腫など。

子宮筋腫は子宮の筋肉にできた腫瘍のことで、球型の良性腫瘍です。30代〜50代に多く、月経異常、不正出血、腰痛などの症状がみられます。 膀胱炎は主に細菌が膀胱に感染して炎症を起こす病気で、排尿痛、頻尿、血尿の症状が特徴的です。

卵巣嚢腫とは、卵巣に良性の嚢胞性の腫瘍ができることです。無症状の場合が多いですが、大きくなりはじめると腹部膨満感や下腹部痛などがあらわれ始めます。
スポンサーリンク
病気症状百科 トップへ